top

「コラボかつしかまつり」に47団体参加 NPOや任意団体が日頃の活動PR

 葛飾区内を拠点とするNPO法人や任意団体の祭典「2012コラボかつしかまつり」(同まつり実行委員会主催)が10月18日、葛飾区市民活動支援センター(葛飾区立石)で開かれた。
 昨年は34団体だった参加団体は、今年は47団体と大幅に増加。多目的室ではバンド演奏や映画上映、ダンス披露などイベントが終日行われて来場者たちを楽しませた。また、廊下や会議室などの館内スペースには、物品販売やゲームコーナー、展示などのブースが所狭しと並び、それぞれの団体が日頃の活動をPRした。
 2階和室では「源右衛門の会」による緑色の「小松菜ジュース」「小松菜ハイボール」の初出店が話題に。「葛飾区鎌倉検定」などの地域を題材にした展示も行われた。「東日本大震災支援かつしかネットワーク」は、福島県南相馬市の人たちと作り上げたイラスト入りグッズを販売。そのマグネットやTシャツなどの売り上げを被災地支援に充てた。
 屋外の駐車場もこの日はまつり会場になり、エチオピアカレーやフランクフルト、おにぎりなど食品販売ブースが並んでにぎわった。「NPO法人みらくる」は、電動アシストつきの自転車タクシー「シクロポリタン」を2台運行。普段は柴又界隈(かいわい)を走っているこの3輪車が、この日は立石を周遊して注目を集めた。