top

「ひかりのシンフォニー」LED10万個が隅田川照らす「東京ホタル」初開催

 墨田区と台東区を結ぶ言問橋―吾妻橋間の隅田川を舞台に、「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIBAL2012」が5月5、6日に開かれた。
 このイベントは、東京都が推進する〝隅田川ルネサンス〟(隅田川の賑(にぎ)わい創出への取り組み)の一環として行われた。期間中、川辺で子供たちが参加するパレードやステージ発表、シンポジウムが行われた。会場の墨田区役所うるおい広場(墨田区吾妻橋)や台東区立隅田公園(台東区花川戸、浅草)などに2日間で約38万人が集まった。
 クライマックスは、6日夜の「川とツリーが紡ぎ出すひかりのシンフォニー」。川に流した太陽光蓄電LED「いのり星」約10万個が川面を美しく照らした(流した「いのり星」は後刻、全て舟で回収された)。
 船上に設けられたステージでは、江東区出身の歌手・持田香織さんが下町で育った思い出や隅田川への思いを語りながら、「ポケット」や今回のために書き下ろした「tokyo hotaru」など3曲を披露。2曲目の「見上げてごらん夜の星を」で、都立墨田川高校(墨田区東向島)音楽部、都立白鴎高校(台東区元浅草)のコーラス部員らと共演中に東京スカイツリーが点灯し、観客から歓声が沸き起こった。