top

「たいとう音頭」でダンスコンテスト

1410331830 「たいとう音頭」の曲に合わせたダンスで子供たちが出来栄えを競う「たいとう音頭ダンスコンテスト」が8月24日、台東区生涯学習センター(台東区西浅草)で開かれた。
「たいとう音頭」は、2012年に制作された台東区の公式音頭で「たんたんたんときて台東区♪」といったリズミカルな歌詞は、公募による優秀作品が採用されている。ダンスコンテストは、同年12月に第1回が開催され、今年で3回目。「たいとう音頭」やその「ダンシングバージョン」に合わせて子供たちがフリースタイルのダンスを踊る。
参加したのは、区内在住・在学の子供たちから8チーム、台東区の姉妹都市である宮城県大崎市から代表2チームだ。大崎市では姉妹都市提携30周年記念事業の一つで8月3日に「たいとう音頭ダンスコンテストinおおさき」が行われ、優勝チームが今回の大会に参加した。10チームがそれぞれ日頃の練習の成果を披露し、小学生の部では「ROCK FOOT ジュニアダンサーズ」(大崎市)が優勝、準優勝は「GILASORE(ジラソーレ)」、「江戸和太鼓 皇乃會(すめらぎのかい)」が特別賞を受賞した。中学生・高校生の部の優勝は「brave」(大崎市)、準優勝は「B‐RIOT(ビーライオット)」、「御徒町台東中学校OKATAI GIRLS(オカタイ ガールズ)」が特別賞だった。