top

「あづちゃん小判」で活性化 吾妻橋地区限定金属製商品券を発売

 墨田区の吾妻橋地区活性化協議会が10月15日から発売した、同地区の商店で利用可能な小判型の地域商品券「あづちゃん小判」の売れ行きが好調だ。
 吾妻橋地区は、東京スカイツリーのある押上・業平と浅草の中間にあり、商店会や町会・自治会などで結成する「吾妻橋地区活性化協議会」が、観光客の往来を地域のにぎわいにつなげようと取り組みを進めている。昨年3月に登場した「あづちゃん」は、赤い着物姿をした女の子の吾妻橋公式キャラクターとして、各地のイベントでも積極的に活用されている。
 小判の地域商品券は、縦6・5センチ、横3・5センチの金属製。販売価格450円にプレミアム率が10%設定され、500円分の買い物ができる。ただし、釣り銭は出ず、公共料金などの支払いはできない。
 小判は「おやすみ処(どころ)あづちゃん家」で販売し、吾妻橋地区の飲食・物販店で使うことができる。店舗の詳細はホームページ「あづちゃんのまち」に掲載している。
 1000枚発行し、10月29日に完売となったが、好評のため再発行する。来年2月28日まで有効。詳細は吾妻橋地区活性化協議会電話5608・6186。